IRポリシー・免責事項

IRポリシー

■基本方針
当社は、金融商品取引法等の諸法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に従って、迅速性・公平性・正確性を基本とした適時適切な情報開示に努めます。

■情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所への事前説明の後、迅速かつ正確に適時情報開示システム(TDnet)にて開示いたします。TDnetにて開示した後は、当ウェブサイトにも掲載いたします。
適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示規則の趣旨を踏まえて有用であると判断した情報は、当ウェブサイトへの掲載等により、公平かつ正確な情報開示に努めます。

■未公開・未発表の事実
当社が決算説明会、取材、ミーティングまたはお問合せへの回答等において言及する情報は、既に当社が開示・発表した情報、周知の事実または一般的なビジネス環境に限ります。未公開・未発表の事実については、公平性およびインサイダー取引防止の観点から、重要であるか否かを問わず、当社は一切言及いたしません。

■IR活動沈黙期間
決算情報の漏洩を防ぎ、かつ公平性を確保するため、当社は、各四半期の期末日の翌日から当該四半期の決算発表日までの期間を「沈黙期間」と定め、この期間中は、株主・投資家の皆様からいただくお問合せへの回答を含め、決算・業績見通し等に関するコメントを差し控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示規則に該当する事実が発生した場合には、適時適切な情報開示を行います。

免責規定

当社は、本サイトに掲載している情報に関して細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性について、いかなる表明および保証を行うものではございません。

当社は、(ⅰ)利用者による本サイトの利用、(ⅱ)第三者によるデータの改竄等もしくは(ⅲ)データ伝送等における障害等に起因または関連して利用者が被ったいかなる種類の損失・損害・費用等についても、その理由の如何に関わらず一切責任を負いません。

当社は、予告なしに、本サイトの全部もしくは一部を停止もしくは中断または内容の変更をすることがございます。当社は、これらに起因または関連して利用者が被ったいかなる種類の損失・損害・費用等についても、その理由の如何に関わらず一切責任を負いません。

本サイトに掲載している情報は、投資勧誘を目的にしたものではございません。投資に関する決定を行う際には、本サイトに掲載している情報に全面的に信頼・依拠してご判断することは差し控えていただき、必ず利用者ご自身のご判断で行われるようお願いいたします。

本サイトに掲載している情報には、業績等に関する将来の見通しに関する事項が含まれている場合がございます。こうした事項には一定のリスクや不確実性などが含まれており、経済情勢や市場の動向の変化等により、実際の結果と必ずしも一致するものではございませんので、ご留意をお願いいたします。