ニュース

「欲しい」と思った画像だけでショッピングできる、AI(人工知能)技術『デクワス.CAMERA』を開発、ファッションブランド向けに提供開始

〜自分のワードローブ画像を送れば、AIを専属スタイリストとしてコーディネートも可能に〜

サイジニア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉井 伸一郎、証券コード:6031 東証マザーズ)は、「欲しい」と思ったアイテムの写真を撮影し画像を送るだけで、オンラインショッピング可能にする人工知能技術『デクワス.CAMERA』を開発、本日よりファッションブランド向けに提供を開始します(特許出願中)。
『デクワス.CAMERA』は、気になる商品の写真をスマートフォンで撮影したり、お気に入りの画像をアップロードするだけで、写っているファッションアイテムを認識し、類似するおすすめアイテムが購入できるECサイトへ誘導します。

*『デクワス.CAMERA』サービスサイト http://www.deqwas.com/service/camera.html
* 写真素材はこちらをご利用ください   http://service.scigineer.com/doc/sozai1610.zip

 

image

image2

【背景】
ネットで商品を購入する場合、検索エンジンを使って商品を検索し、該当する商品が販売されているECサイトを訪問して購入するのが一般的です。しかし、商品名がわからなければ簡単に検索することはできず、ECサイトのカテゴリーをたどって見つけるのは手間がかかります。
サイジニアは、現在国内EC売上の過半数を占めるスマートフォンなどモバイルデバイスの特長を活かした新たなショッピング体験の実現を目指し、カメラ機能を使ったレコメンデーション機能『デクワス.CAMERA』を開発しました。
『デクワス.CAMERA』は、ディープラーニング技術によりユーザーが撮影またはアップロードした写真の中身を解析します。ファッション・アパレル分野であれば、画像の中に写っている背景から人物を切り出し、姿勢やポーズを理解したうえで、写真に写っている複数の各アイテムを個別に認識、それぞれに類似する商品が購入できるECサイトへと誘導します。また、サイジニアが保有するレコメンデーションエンジンにより、写真の中に写っているアイテムにぴったりなコーディネーションを提案することも可能です。
ファッション・アパレルの分野においては、新しい流行りのアイテムやスタイリングは、テキストによる表現よりもイメージが重要になります。うまく言葉にしないと適切に検索できない既存のテキスト検索エンジンに代わり、直感的な画像イメージでショッピングをもっと簡単・便利にすることを目指しています。

※本機能は、EC事業者のサービスに組み込まれる機能として提供を開始します。
 コンシューマー向けアプリは改めてお知らせします。
※本機能は、ファッション・アパレル領域から開始し、その他の領域へ順次拡大していきます。

 
■サイジニア株式会社について
サイジニアは、「検索エンジンでは見つけられない幸せがある」という思いから、北海道大学大学院 複雑系工学講座の准教授と研究メンバーが立ち上げたテクノロジー企業です。
サイエンス+エンジニアリング=「サイジニア」として、先端科学の知見を工学的に応用、「複雑ネットワーク理論」や人工知能を活用した解析技術を実用化し、情報が多すぎて欲しいものが見つけられないという21世紀の課題を解決することを目指しています。

印刷用PDF