ニュース

paperboy&co.社の「カラメル」と「ブクログ」にレコメンド機能を搭載 掘り出し物や推薦書籍をユーザーにダイレクトに提案

サイジニア株式会社(代表取締役社長:吉井 伸一郎、本社:東京都品川区) は、株式会社paperboy&co. (代表取締役社長:佐藤 健太郎、本社:東京都渋谷区) が運営する、トレンドから掘り出し物まで見つかるオンラインショッピングモール「カラメル」( http://calamel.jp/ )とウェブ上に自分専用の本棚をつくれるブックレビューコミュニティサービス「ブクログ」( http://booklog.jp/ )に、複雑ネットワーク理論に基づいた次世代レコメンデーション・エンジン「デクワス」の提供を開始しました。

 カラメルとブクログでは、「デクワス」により、ユーザーの行動履歴を生かした商品の情報提供を行います。各商品タイトルのページにおいて「あなたにぴったりの掘り出し物を探してきました!」や「この作品が好きな人は、こちらの作品もおすすめです。」という形で他の作品を推奨します。

 カラメルは、商品数800万点にもおよぶ商品の中から掘り出し物が見つかるオンラインショッピングモールです。ファッション、家電、グルメ、書籍、日用品など、1万6千店舗以上のショップから購入することができます。一方、ブクログは、ウェブ上に自分専用の本棚を作れるブックレビューコミュニティサービスです。共に、取扱商品数が多いため、ユーザーが欲しい商品に素早くアクセスできるようにすることが課題となっていました。

 ユーザー満足度の向上から、ECサイトの売り上げや閲覧ページ増加に寄与する、「デクワス」を導入することで、人気アイテムからロングテールの掘り出し物まで、ユーザーの行動履歴を生かしそれぞれのユーザーの視点に立った情報提供が可能です。サイジニアでは、「デクワス」によって、両サイトにおけるユーザーの新たな需要発掘に貢献できると考えております。

 「デクワス」は、アイテム間の関連性を計算する既存のレコメンデーション技術とは異なり、アイテムやユーザーの関連性の分析を持ち込むことより、ユーザー自身の想像を超えたユーザーにとっての有効な情報や商品に「出くわす」ことを可能にします。この体験は、ユーザーの満足度を向上させ、ECサイト等の売り上げ向上や閲覧ページ増加に寄与するものと確信しております。