ニュース

デジタルダイレクトがEC サイト用ナビゲーションツールとしてデクワスを導入

サイジニア株式会社(東京都品川区:代表取締役 吉井伸一郎)は、総合的なメディアミックスを実践する株式会社デジタルダイレクト(東京都中央区:取締役社長 重光秀明)の主要運営サイトであるショッピングサイト:saQwaと女性向けファッション雑貨サイト:funstyleに、複雑ネットワーク理論に基づいた次世代レコメンデーション・エンジン「デクワス」の提供を開始致しました。
これにより、デジタルダイレクトのユーザーはサイトを訪れる度に、新鮮な気付きを得ることになり、新たな需要を喚起できます。

デジタルダイレクトは、カタログやTV ショッピングと連動した一般消費者向けのWeb サイトを運営し、より細かく、多彩なサービスを提供していく「メディアシナジー」を実現しています。
30を超えるテレビ局、200万人のカタログショッピングの顧客、大手コンビニエンスストア等との協業により、多くのユーザーに優良な商品を提供しています。

今回の「デクワス」の導入には、従来技術に基づいた他サービスとの比較やサンプル抽出による実際のレコメンデーション結果の検証、導入・運用コスト、サイト運用者側の手間、サービスの拡張性の検証が行われました。
その結果、多様な顧客ベースを所有するデジタルダイレクトは、既存の、ルールベース、協調フィルタリング、ベイジアンネットワークといった技術に基づいたシステムでは、ユーザーの特性に応じた推奨結果が得にくく、限定された一様な推奨になり、メリットが見出しにくい傾向がありました。
また、既存技術に基づいたシステムが、商品点数の多い入れ替わりが激しいサイトにおいて適切な結果を維持するためには、個別のパラメーター設定やアルゴリズムの調整が常に必要となり、付帯情報の付与・管理を含めた運営企業側の作業も膨大となる点も大きな問題でした。

複雑ネットワーク理論を用いた「デクワス」は、多種多様なユーザー、商品にあわせたデータの取り扱いを前提としており、運営企業側の作業も最小限で、コストを抑えた速やかな導入が可能です。
また技術の先進性により、専門性、嗜好性が高い商品に関してユーザーの行動履歴を生かしたユーザーの視点に立った嗜好性の高い情報提供が可能です。